結婚式 二次会

結婚式のニ次会は、必ず行わなければならないものではありません。

でも、挙式や披露宴に呼べなかった人達をお迎えして祝う場として、大変重宝されています。

披露宴はお金がかかるので、何人でも呼びたいだけ呼ぶと言うわけにはいかないですからね。

もちろん、結婚式の二次会には、披露宴で招待した方も呼びます。

一般的に会社の同僚や後輩、友人等が主なお客様ですので、気軽な立食パーティー形式で行われることが多いようです。

正装スタイルで行う場合や、ホテル等のリッチな会場でのニ次会では、着席形式で行う場合も多いです。

結婚式ニ次会の注意点もいくつかあります。

結婚式のニ次会は、一般的に会費制で、男性は5,000〜9,000円、女性は4,000〜8,000円くらいが相場のようです。

1万円を超える会費は避けましょう。

場所は交通の便が良くて、式場から近い場所が良いです。

式場から30分以内で行ける場所にしましょう。

結婚式の二次会と言えど、せっかく来て頂く訳ですから、なるべく、料理とビンゴの景品にはお金をかけましょう。

結婚式ニ次会の開始時間ですが、披露宴終了後は、ゲストが待っていてくれたり、着替えがあったり、写真を撮ったりと、予想以上に時間がかかります。

よって、披露宴終了後、2〜3時間後というのが時間的にベストでしょう。

結婚式 招待状

結婚式の招待状は結婚式を友人たちなどに伝える上での、一番最初の大事な出会いになります。
一般的には結婚のお知らせや結婚式の日にちなどの伝えたい事を わかりやすくメッセージカードに書いて郵送で招待した相手に直接送ります。
メッセージの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわない決まりや忌み言葉という縁起の悪い言葉は使わないなどの様々な決まりがありますので、文章を書く時には注意が必要です。
結婚式の招待状のデザインには特に決まりがないので、あまり個性的すぎるものでないかぎり自由にデザインしてもかまわないとされています。
招待状の差出人は新郎や新婦の名前ではなく、新郎や新婦の両親の名前をつかうというのが一般的に良いとされています。
最近では自分たちの結婚式ということを重要視する人が多いので 両親の名前ではなく新郎新婦の名前を並べて書いて送るというのが多くなっています 。
招待状の返信の書き方の注意点ですが、招待状は新郎(新婦)が友達や職場の同僚などなら、「おめでとう、もちろん出席させていただきます」など、口頭で返事をすることもあるでしょうが、返信はがきはそれとは別に必ず期日までに投函するようにしましょう。
出欠を把握する作業は必ずしも本人たちが行うとは限らないからです。
また、期日までに返答がないと、主催者側に再確認などの手間を与えしまうこともあります。

結婚式 服装

友人の結婚式に招待されたら、もう頭の中は当日の服装の事でいっぱいなのではないでしょうか。
素敵な男性や女性に出会うため、それはそれはオシャレな格好で出席する事でしょう。
結婚式のような正装の場では、服装や服飾品などにもマナーがあります。
せっかくオシャレをするならば、マナーも守った素敵なものにしましょう。
という事で、この出席準備編では結婚式当日の服装のマナーについて考えましょう。
よく「結婚式の招待状に「平服で…。」との指定がありますが、そもそも平服(へいふく)というのは、礼服でなくても良いですよという事で、略礼装のことを指します。
略礼装には、特にコレだぁという決まりはありません。かなり自由な着こなしが可能です。
といっても普段着&行き過ぎたファッションはダメです。
特に決まりのない略礼装ですが、普段着というわけにはいきません。
男性ならば一般的にはダークスーツ、シャツやネクタイ、小物などで雰囲気を演出すると良いでしょう。
女性ならば、スーツでもワンピースやツーピースでも流行のものを着こなし、遊び心のあるアクセサリーなどを取り入れて、あなたらしさを演出しましょう。
意外とややこしいような?平服ですが、おでかけファッションと考えれば良いでしょう。
また、結婚式のようなフォーマルな席では、昼間と夜の区別が大切なポイントです。
(ちなみに”昼間”とは、正午から午後5時ごろまでの結婚式をさします)

結婚式 電報

結婚に関する祝電は、披露宴に出席しない場合や、止むを得ず欠席する場合はお祝いの電報を打ちます。
また会社関係などで祝電を打つこともあります。
結婚式以外でも、出産の知らせや、合格のお祝いなど簡潔にわかりやすく気持ちを伝えましょう。

電報に使える文字は、約20種の記号のほか、以下の文字が使用できます。
1.漢字電報―常用漢字表・人名用漢字表に掲げる漢字と、ひらがな、カタカナ、アルファベット。
2.かな電報――ひらがな、カタカナ、アルファベット。

またタイミングが肝心です。
電報は打ってから概ね3時間程度で届きます。

基本文は以下の通りです。

ご結婚おめでとうございます。
末永いお幸せをお祈りします。
28文字

ご結婚おめでとうございます。
お二人の門出を祝し、心からお祝い
を申し上げます。
38文字

ご結婚おめでとうございます。
明るくあたたかいご家庭を築かれますようお祈り申し上げます。
43文字

華燭の典を祝し、心よりお祝い申し上げます。
お二人のご多幸とご発展をお祈り申し上げます。
43文字

職場のみんなからお祝いの気持ちを贈ります。
健やかで笑顔あふれる明るい家庭を築いて下さい。
末永くお幸せに。
52文字

結婚おめでとう。
面と向かうと照れくさいので電報を贈ります。頑張って。
そして無理しないで。これからも応援しています。
57文字

結婚式 出席・欠席の際の心得

●招待状の返事はなるべく早く
 郵送される挙式や披露宴などの招待状には、通常、出欠の返事を出すための、返信用のはがきが同封されていますので、招待状が届いたら、返事を速やかに出します。
遅くとも1週間以内には、先方に到着するようにしたいものです。
 招待を受けたものの、どうしても都合がつかず欠席する場合は、1週間ほど間を置いてから欠席の返事を出します。
何とか都合をつけようとしたのですが……という気持ちが、この間合いには込められています。
加えて、電話で直接、先方にお詫びとお祝いの言葉を伝えましょう。
欠席理由をはがきに書き添えるときは、その内容によってあまり具体的に書かないほうがよいこともあります。
たとえば、身内の不幸などと重なったときは、縁起がよくないので遠まわしに 「あいにくほかに用事があり……」 「本当に
残念ですが、やむをえない事情があって……」のように表現します。


●急に出席できなくなったとき

 出席する予定で、出席の返事を出したものの、急きょ欠席しなければならなくなることもあるかもしれません。
そんなときは、わかった時点で直ちに連絡をしましょう。当日になっての欠席の場合は、披露宴会場のほうにも一報を入れます。
 欠席する自分の代わりに、勝手に代理を立てるのは完全なマナー違反です。必ず先方に連絡したうえで判断を仰ぎます。夫の代理は妻か息子、妻の代理は夫が普通です。急な欠席の場合は、祝電でお祝いの気持ちを届けるとよいでしょう。

結婚式 招待客の服装の常識とは

 出席者が服装を選ぶときは、まずその式や披露宴が行われる時

間帯を確認してからにします。

特に女性の場会は、既婚か未婚か、また年齢によって服装が限定
されます。


●女性の服装のマナー(洋装)

■昼の装い

 時間帯が昼間なら肌の露出の少ないものを選びます。
長袖のワンピースやスーツなどが適しています。
手袋と帽子がつくのが正装です。手袋だけ、帽子だけというのはルール違反。手袋をするときには、帽子は必ずかぶります句素材は僻地か、無地に近いもの、あまり光沢のあるものは夜向きなので、昼間の時間帯に着るなら、あまり光らないものにしましょう。
スカートは、ひざ下からくるぶしまでの間の丈にしましょう。
アクセサリーも大きすぎるもの、派手なものは避けたほうが無難です。清楚な印象のものを選びましょう。

■夜の装い
 夕方5時以降の時間帯にかかるようなら、装いは夜用のものにします。ロング丈で胸元の開いた、袖のないドレスにひじが隠れる長さの手袋が正装です。
スーッを選ぶなら、素材は絹のような光沢のあるものにします、夜には帽子は必要ありません。
アクセサリー類は、照明に映える、光るもの、比較的目立つもののほうがよいでしょう。
また、亭っまでもないことですが、昼夜を問わず、花嫁の色である白系統は絶対に避けるべきです。 
バッグや靴も、エナメルやラメなどの光る素材にして、ヒールの高さは高めに。ローヒールではカジュアル感が強すぎます。


●女性の服装のマナー(和装)

 和装では未婚か既婚かによって区別されまま未婚では中振袖、既婚では色留袖が正式な礼装です。
準礼装では、未婚は訪問着、既婚の場合は色無地の紋付になり、未婚既婚を問わず、付け下げは略礼装になりままただし、いくら未婚でも、加代後半からは、振袖は卒業して訪問着や色無地にしたほうがよいでしょう。


●男性の服装のマナー
 男性の場合は基本的に洋装です。
羽織袴などの和礼装やモーニング及びテールコートタキシードは、仲人や新郎新婦の親族などが着るのが一般的です句洋装の
準礼装は、ディレクターズスーツと呼ばれるもの。
上着は黒で、ズボンは黒とグレーの縞で、ベストがつきます。
シャツはダブルカラーのホワイト、タイは白か、白と黒の縞柄です。友人程度であれば、略礼装でかまいません。
ブラックスーツ、ダークスーツのフォーマル仕立てのものを着用します。
いずれの場合も気をつけたいのが靴です。
靴はよく手入れされたフォーマル専用のものにしましょう。


●子どもの服装は
 子どもの場合は小中高校で制服があれば、着用してかまいません。
親だけが、また子どもだけが正礼装などということがないように、家族で合わせるように注意しましょう。

結婚式 お祝い品の選び方と増呈 

●お祝い金の常識とは

 お祝い金の額は、相手との関係によって変わります。
親族や会社の上司なら多少多めになりますし、同僚や友人ならあまり無理をするのもかえっておかしいでしょう。
いずれの場合もお札は必ず新券を用意し、奇数枚にします。ただ、結婚式の場合は偶数の2万円というケースも多いようです。
これは、二つで一対という意味からです。
「死」や「苦」に通ずる「4」や「9」は、避けるべきです。


●祝儀袋の常識

 お祝い金を入れる祝儀袋は、市販のものは中に入れる金額によってランクがありますから、外と中がつりあうように、バランスには注意します水引は「結び切り」ですこれは簡単には解けないという意味が込められており、そのほかのお祝い事に使われる蝶結びとは異なります表書きは「声」か「結婚御匹」濃い墨で、はっきりと書きます、水引の下の名前は、一人なら中央に。
何人かの連名の場合は上下関係がある場合は中央から順に左に、上下関係がはっきりとしていない友人ならば、五十音順に書くとよいでしょう。
人数が多いときは代表者の名前のみを中央に書き、「外一向」
と書いたほうがすっきりとしてきれいです。そして中に、全員の名前を書いた紙を入れておきます。


●お祝い金を持参するとき

 お祝い金は、式の遅くとも1週間前に持参するのが正しい方法ですが、当日に持参するケースも最近は多くなりました。
 祝儀袋はむき出しでかばんの中に入れるようなことは無作法ですし、祝儀袋にしわや汚れがつく原因にもなりかねません。
必ずふくさに包みましょう。
台つきの樅紗も市販されているので、常備しておきましょう。
色は紫がよいでしょう。
慶事ばかりでなく、弔事にも使用できます


●会費制のパーティーでは

 結婚披露宴が会費制のパーティー形式だった場合は、会費以外の当日のお祝い金は必要ありません。
お祝いの品か現金を贈りたいときには、事前に渡しておくべきです当日祝儀袋を差し出すと、ほかの出席者と異なる行動をしてしまうことになりかねません。


●品物を贈るとき

 祝い品を贈る場合は、希望を聞いてからにしましょう。
希望の品が高価なものなら、何人かでまとまって贈るのもよいでしょう。
 祝い品は式の前に渡すのが常識です遅くても式当日1週間前には、届けておきたいもの。
できれば吉日を選ぶようにしましょう。
 品物を配送してもらう場合は、別に手紙で、その旨と、お祝いの気持ちを書き添えるのが礼儀です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。