結婚式 招待客の服装の常識とは

 出席者が服装を選ぶときは、まずその式や披露宴が行われる時

間帯を確認してからにします。

特に女性の場会は、既婚か未婚か、また年齢によって服装が限定
されます。


●女性の服装のマナー(洋装)

■昼の装い

 時間帯が昼間なら肌の露出の少ないものを選びます。
長袖のワンピースやスーツなどが適しています。
手袋と帽子がつくのが正装です。手袋だけ、帽子だけというのはルール違反。手袋をするときには、帽子は必ずかぶります句素材は僻地か、無地に近いもの、あまり光沢のあるものは夜向きなので、昼間の時間帯に着るなら、あまり光らないものにしましょう。
スカートは、ひざ下からくるぶしまでの間の丈にしましょう。
アクセサリーも大きすぎるもの、派手なものは避けたほうが無難です。清楚な印象のものを選びましょう。

■夜の装い
 夕方5時以降の時間帯にかかるようなら、装いは夜用のものにします。ロング丈で胸元の開いた、袖のないドレスにひじが隠れる長さの手袋が正装です。
スーッを選ぶなら、素材は絹のような光沢のあるものにします、夜には帽子は必要ありません。
アクセサリー類は、照明に映える、光るもの、比較的目立つもののほうがよいでしょう。
また、亭っまでもないことですが、昼夜を問わず、花嫁の色である白系統は絶対に避けるべきです。 
バッグや靴も、エナメルやラメなどの光る素材にして、ヒールの高さは高めに。ローヒールではカジュアル感が強すぎます。


●女性の服装のマナー(和装)

 和装では未婚か既婚かによって区別されまま未婚では中振袖、既婚では色留袖が正式な礼装です。
準礼装では、未婚は訪問着、既婚の場合は色無地の紋付になり、未婚既婚を問わず、付け下げは略礼装になりままただし、いくら未婚でも、加代後半からは、振袖は卒業して訪問着や色無地にしたほうがよいでしょう。


●男性の服装のマナー
 男性の場合は基本的に洋装です。
羽織袴などの和礼装やモーニング及びテールコートタキシードは、仲人や新郎新婦の親族などが着るのが一般的です句洋装の
準礼装は、ディレクターズスーツと呼ばれるもの。
上着は黒で、ズボンは黒とグレーの縞で、ベストがつきます。
シャツはダブルカラーのホワイト、タイは白か、白と黒の縞柄です。友人程度であれば、略礼装でかまいません。
ブラックスーツ、ダークスーツのフォーマル仕立てのものを着用します。
いずれの場合も気をつけたいのが靴です。
靴はよく手入れされたフォーマル専用のものにしましょう。


●子どもの服装は
 子どもの場合は小中高校で制服があれば、着用してかまいません。
親だけが、また子どもだけが正礼装などということがないように、家族で合わせるように注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38241099

この記事へのトラックバック

結婚式での服装のマナー
Excerpt: 結婚式での服装の基本的マナーは結婚式のマナーのページで紹介しましたので、ここで各装いとそれに伴うマナーについて紹介します。
Weblog: 結婚式お悩み解決ドットコム
Tracked: 2007-04-22 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。