結婚式 お祝い品の選び方と増呈 

●お祝い金の常識とは

 お祝い金の額は、相手との関係によって変わります。
親族や会社の上司なら多少多めになりますし、同僚や友人ならあまり無理をするのもかえっておかしいでしょう。
いずれの場合もお札は必ず新券を用意し、奇数枚にします。ただ、結婚式の場合は偶数の2万円というケースも多いようです。
これは、二つで一対という意味からです。
「死」や「苦」に通ずる「4」や「9」は、避けるべきです。


●祝儀袋の常識

 お祝い金を入れる祝儀袋は、市販のものは中に入れる金額によってランクがありますから、外と中がつりあうように、バランスには注意します水引は「結び切り」ですこれは簡単には解けないという意味が込められており、そのほかのお祝い事に使われる蝶結びとは異なります表書きは「声」か「結婚御匹」濃い墨で、はっきりと書きます、水引の下の名前は、一人なら中央に。
何人かの連名の場合は上下関係がある場合は中央から順に左に、上下関係がはっきりとしていない友人ならば、五十音順に書くとよいでしょう。
人数が多いときは代表者の名前のみを中央に書き、「外一向」
と書いたほうがすっきりとしてきれいです。そして中に、全員の名前を書いた紙を入れておきます。


●お祝い金を持参するとき

 お祝い金は、式の遅くとも1週間前に持参するのが正しい方法ですが、当日に持参するケースも最近は多くなりました。
 祝儀袋はむき出しでかばんの中に入れるようなことは無作法ですし、祝儀袋にしわや汚れがつく原因にもなりかねません。
必ずふくさに包みましょう。
台つきの樅紗も市販されているので、常備しておきましょう。
色は紫がよいでしょう。
慶事ばかりでなく、弔事にも使用できます


●会費制のパーティーでは

 結婚披露宴が会費制のパーティー形式だった場合は、会費以外の当日のお祝い金は必要ありません。
お祝いの品か現金を贈りたいときには、事前に渡しておくべきです当日祝儀袋を差し出すと、ほかの出席者と異なる行動をしてしまうことになりかねません。


●品物を贈るとき

 祝い品を贈る場合は、希望を聞いてからにしましょう。
希望の品が高価なものなら、何人かでまとまって贈るのもよいでしょう。
 祝い品は式の前に渡すのが常識です遅くても式当日1週間前には、届けておきたいもの。
できれば吉日を選ぶようにしましょう。
 品物を配送してもらう場合は、別に手紙で、その旨と、お祝いの気持ちを書き添えるのが礼儀です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝儀袋の表書き
Excerpt: 祝儀袋を渡すケースは慶事全般に渡ります。結婚のお祝い、子供のお祝い、大人のお祝い、職場関係のお祝いなど様々な場面で祝儀袋は使われますし、そのシーンごとに祝儀袋の表書きも違ってきます。
Weblog: ちょっと役立つ手紙の書き方文例集
Tracked: 2007-05-07 20:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。