結婚式 スピーチのコツ

●3分以内にまとめる
 スピーチを頼まれたら、前もって当日話す内容を決め、できれば原稿を伴って練習しておきます。
そのとき、おおよその時間を計ってみましょう。
だいたい3分以内に収まるよう、簡潔にまとめます。
1分の話は400字くらいですから、これを目安にストーリーを作っておくとよいでしょう。


●暴露話はやめる
  おめでたいお祝いの席ですから、明るく楽しい内容にしたいものです。内輪受けや新郎新婦の暴露話などは、親族も同席していることですので、避けるのが礼儀です。
 マイクの前に立ったら、全体を見渡すようにゆっくりと目線を移動させながら、落ち着いて話しましょう。


●招待客のスピーチの基本形 招待客のスピーチは、次のような順序で進むのが適例です。

1、新郎新婦にお祝いの言葉
 「本日はおめでとうございます」と、まずは新郎新婦のほうを  向いて挨拶。

2、親族にお祝いの言葉
 「ご両家のご親族の皆様、本日はおめでとうございますと」親  族へもお祝いの言葉。

3、自己紹介
 「ただいまご紹介にあずかりました○○と申します」と、自己  紹介。新郎新婦との関係も付け加える(会社の同僚、大学時  代の友人……など)。楽しいエピソードを一つか二つ。

4、新郎新婦への激励

5、締めくくりのお祝いの言葉
 
 このような流れで行くと、スムーズな展開になります。


●スピーチの忌み言葉 お祝いの席で言ってはならない、忌み言葉を知っておく必要があります。つい口ばしってしまいがちな言葉が多いですから、注意しましょう。
ただ、仮にそれらを使ったとしでも、あわてて言い直すと、かえって会場を白けさせてしまいます。
かまわずにそのまま講を続けたほうがよいでしょう。


●スピーチの忌み言葉
・別れる
・飽きる
・帰す(返す)
・破れる
・重ね重ね
・散る
・割る
・去る
・切る
・戻す
・返す返すも
・衰える
・終わる
・離れる
・薄い
・はかない
・枯れる
・たびたび
・分ける
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。