結婚式 和食のマナー

●箸づかいをわきまえて
 日本料理を正しく美しくいただくには、箸の使い方が正しくなければいけません。
薯の持ち方はもちろん、箸を持ったときの動作についても、タブーがあるので気をつけましょう。

◆箸づかいのタブー

探り箸 器の中に箸を入れて、中身を箸で探る

渡し等 お皿やお茶碗に箸を渡しかけること

迷い筆 書を手に持ったまま、どの料理をとろうか
    思寡して迷うこと

重ね箸 同じ料理ばかりに箸をつけること
    ねぶり箸箸の先を口にくわえてしゃぶること

寄せ箸 箸を使って、器を引き寄せたりすること

刺し箸 箸を食べ物に刺して食べること

押し込み箸 口に入りきらないほどの量をほ
   おばり、出てしまった部分を箸で押し込むこと

涙 箸 箸の先端からぽたぽたと汁を滴らせながら食べること


●和食のいただき方の基本
 和食では、二つの動作を同時にしないのが基本です。
箸と茶碗を同時に持ったりせず、箸を持って、次に茶碗を持つといったようにします。
また、左にあるものを右の手で取るのは 「袖越し」と呼ばれて、してはいけないこととされています。
右のものは右手で、左のものは左手で取るのが、理にもかなっていますし、見た目にも美しいものです。


●会席料理のいただき方
 披露宴などの宴席で出される和食の多くは会席料理です。
会席料理の基本的な組み立ては以下のとおりです。


前 菜 (お通し本格的な料理の前に出さ
    れる酒の肴や食欲増進のための料理)

吸い物

お造り (お刺身の数種盛り合わせ)

煮 物 (季節の野菜の炊き合わせなど)

焼き物 (殻つきの海老や魚など)

揚げ物 (天ぷらやから揚げなど)

蒸し物 (茶碗蒸しなど)

酢の物

ごはん

止め椀 (味噌汁)

香の物

果 物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。